名古屋市でマンションを売却する際に知っておくべきこと

名古屋市でマンションを売却する際に知っておくべきこと
名古屋市は日本の主要都市の一つで、人口も順調に増加しており、2023年8月1日時点で約232万人が居住しています。
このため、マンションの需要も高まっており、売却が比較的容易であると言えます。
この記事では、名古屋市でマンションを売却を考えている方に向けて、売却価格の相場や確認すべきポイント、高く売るためのコツについて詳しくご紹介します。
マンションの売却価格の相場
まず、皆さんが最も気になるであろうマンションの売却価格の相場についてご説明します。
具体的に、これまでにいくらでマンションが売買されているのかを見ていきましょう。
2018年1月1日から2023年7月31日までの期間における新築マンションの平均価格は4,996万円であり、平均坪単価は240.8万円となっています。
また、中古マンションでは、間取りを無視した平均価格は2,820.9万円となっています。
ただし、これらは平均価格であり、実際のマンションの価格は地域や築年数、間取りなどによって異なる場合があります。
エリアと築年数によって価格が変動することを確認しましょう。
エリアごとの価格の違い
マンションの坪単価には、エリアごとに差があります。
中区が一番高く、平均坪単価は299.1万円であり、一方で港区が一番低く、142.3万円となっています。
価格が高いエリアは、需要があるエリアであることを意味します。
マンションを売却する際には、自分のエリアで新築マンションがどのくらいの価格で売買されているのかを知ることは非常に重要であり、売却価格を決める上での基準となります。
参考ページ:名古屋市マンション売却の相場は?確認すべき点や高く売るコツ
築年数の影響
マンションの売却価格には、築年数が大きな影響を与えます。
マンションだけでなく、不動産全般には耐用年数が設定されています。
例えば、木造建築の場合は22年、鉄筋コンクリートの場合は47年とされており、これを超えると建物としての価値はゼロと見なされます。
したがって、築年数はマンションの価格に大きく影響を及ぼす要素となります。