名古屋市守山区不動産売却

名古屋市守山区の特徴
名古屋市守山区は、名古屋市の北東部に位置しており、面積が34.01平方キロメートルと名古屋市16区の中で2番目に大きな区です。
守山区は丘陵地帯が多く、瀬戸市との境には「東谷山」という高い山があり、その周りには「東谷山フルーツパーク」や「愛知県森林公園」などがあり、自然の中でリラックスすることができます。
そして、守山区は歴史的にも非常に重要な名所旧跡が多く存在しています。
戦国時代の城跡や古寺、さらには国史跡となっている古墳群など、ここでしか見ることのできない貴重な場所が点在しています。
名古屋市守山区の人口は、2023年10月1日時点で176,854人で、世帯数は77,229世帯となっています。
これは2021年に次いで2番目に多い人口です。
1989年には145,010人、2010年には168,551人であり、現在は176,878人と増加しています。
このことからも、将来的にも守山区の需要が高まっていくことが予想されるため、不動産の売却もスムーズに進められるでしょう。
なお、不動産にはさまざまな種類があります。
土地(空き地・空き土地)や空き家、中古住宅、中古マンション、田んぼや畑の農地、工場や工場跡地などがあります。
不動産売却を考えている方は、この記事を参考にしてみてください。
守山区で楽しむ歴史散策コース
守山区では、将来の世代にこの貴重な歴史遺産を伝えるために、いくつかの異なるニーズに合わせた6つの散策コースを提供しています。
例えば、「城跡と寺社巡り」コースでは、まず、散策の出発点として「宝勝寺」を訪れます。
その後、「守山城跡」に進み、すいどうみち緑道を通りながら、「瓢箪山古墳」や「小幡城跡」を巡ることができます。
また、「歴史の里巡り」コースでは、見所のひとつである、完全に保存された横穴式石室を持つ「東谷山白鳥古墳」や、国史跡である志段味古墳群を順に巡るルートが提供されています。
参考ページ:名古屋市守山区不動産売却|土地・一戸建て・マンション売却査定
守山区の住みやすさ
守山区の名古屋鉄道瀬戸線沿いに位置する「小幡駅」周辺は、長い歴史を持つ住宅地ですが、新築の一戸建てやファミリー向けマンションも増えています。
この地域には幅広い層の人々が暮らしており、子育て世代からご年配の方までさまざまな方が暮らしています。
また、治安の心配もありません。
「小幡駅」には北口と南口があり、北口側には瀬戸街道や県道15号線が通っており、カフェやファミリーレストラン、コンビニ、ドラッグストアなどが点在しています。
南口から歩いて約10分の場所には千代田街道が東西に走り、こちらにも飲食店(主にチェーン店舗)、コンビニ、ドラッグストアがあり、自動車販売店もあります。
JR中央本線の駅も近くにあり、「新守山」駅から名古屋駅までは約16分でアクセスできます。
また、「金山」駅へは約11分でアクセスできます。
このように、JR中央本線で名古屋や金山まで一本で行けて、名鉄瀬戸線で栄まで一本で行けるので、交通の便も良いエリアです。