土地区画整理の目的と方法

土地区画整理の目的と方法
生活の利便性を向上させるために、個人または共同で土地区画整理が実施されることがあります。
例えば、近隣に充実した公園がなく、子どもの遊び場が不足している場合や、道路が狭くて安全性が気になる場合があります。
個人で土地区画整理を行う場合は、土地所有者や同意を得た関係者がそれぞれの土地で改修工事を行います。
具体的に言いますと、土地区画整理は地区ごとに行われ、まずは改善が必要な箇所や新たに設ける公共施設を決定します。
参考ページ:土地 区画 整理 と は何をするものなの?基準地価や所有地への影響もあり!
これには住民の意見を反映させるために、地域の住民からの提案や意見を取り入れることもあります。
次に、土地所有者や関係者による合意を得て、土地を再分配するための取引が行われます。
これにより、新たな公園や道路、下水道などの公共施設を設置するために必要な土地が確保されます。
土地区画整理の際には、提供する土地(減歩)と区画整理後の個々の宅地(換地)が決まります。
換地先では、現在の土地(従前地)に対する所有権や地上権、永小作権、賃借権などは区画整理後に換地先へ移行します。
また、計画段階では仮換地が決定され、従前地は使用できなくなります。
土地区画整理は、土地所有者の財産である土地を共有し、新たな公共施設を建設するために慎重に実施されます。
そのため、土地区画整理法という法律のもと、さまざまな評価基準に基づいて行われます。
具体的な評価基準については後述します。
なお、土地区画整理は一般的には行政庁や地方公共団体、区画整理会社が主体となって実施されますが、個人でも実施することが可能です。
地域の住民からの提案によって土地区画整理が行われることもあります。