洗車よりも車内クリーニングが重要

車の査定は、中古車査定協会が策定した「中古自動車査定基準」に基づいて行われます。
査定では、主に内装の汚れや外装の傷や凹みなどが評価されます。
したがって、洗車をしても査定の結果に直接影響はありませんが、洗車を行うことで車を大切に使用していたことをアピールすることができます。
可能であれば、簡単な洗車を行っておくことをおすすめします。
なお、内装に関しては外装以上に気を遣う必要があります。
なぜなら、「中古自動車査定基準」には、内装の汚れや臭いの他にも、傷やペットの毛、シール跡、ヤニの付着などの項目があるからです。
したがって、車内のクリーニングは重要です。